子供の病気Q&A

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹が、慢性的(1歳未満では2か月以上、1歳以上では6か月以上が目安)に良くなったり悪くなったりをくり返す皮膚の病気です。湿疹は皮膚が赤くなったり、ぷつぷつができたり、カサカサ皮がむけたり、かさぶたができたりします。元々アレルギー体質だったり、皮膚のバリア機能が弱い人に多いとされています。発症や悪化要因としては食物や汗、乾燥、掻きむしったりなどの刺激、ダニ・ホコリ・ペットのフケ・カビなどのハウスダストやストレスなど様々です。特に2歳未満では食物アレルギーが関与していないか慎重な判断が必要です。痒みがひどいと睡眠障害から成長ホルモンの分泌が低下し、成長障害を起こすことがあります。また、睡眠不足は日中の活動の質を低下させ、学童以降は学習にも支障がでます。顔に湿疹がある場合、目の周りをくり返し掻くことで白内障や網膜剥離を起こすことさえあり得ます。このような状態にならないように皮膚のバリア機能を回復(つるつるな状態にする)させ、それを維持するのが治療の目標です。治療は①薬物治療、②スキンケア、③悪化要因対策の3本柱で、それぞれをしっかり行うことが大切です。薬物治療はステロイド外用薬やタクロリムス軟膏が中心になり、補助的に痒み止め(抗ヒスタミン薬)を使用することもあります。ステロイド外用薬と聞くと、その効果や副作用に不安を感じるかたもいらっしゃると思いますが、正しく使えば非常に有効で安全なお薬です。適切なステロイド外用薬を選び、適切な量、回数を適切な期間使用し、皮膚の状態に合わせて徐々に使用回数を減らしていき、最終的には保湿剤だけにしていきます。この方法を用いれば、ステロイド外用薬の総使用量を抑え、湿疹のぶり返しも防ぐことができます。当院では湿疹の状態に合わせて保護者の方と相談しながら具体的な指導を行っていきます。

気管支喘息について

気管支喘息とは慢性的な炎症が気管支(気道)に存在し、これによって気道が非常に過敏な状態になっており、様々な誘因(風邪などの感染、ダニ・ホコリ・ペットのフケ・カビなどのハウスダストやストレスなど)によって発作(咳、喘鳴、呼吸困難など)をくり返す病気です。発作に対するその場しのぎの治療だけでは不十分で、発作を起こさないよう根幹にある慢性的な気道炎症に対する治療が必須です。現在は気道炎症を抑える長期管理薬としてロイコトリエン受容体拮抗薬や吸入ステロイド薬などが用いられます。これらを一定期間、毎日続けることで炎症を抑えて発作が起きにくい状態に変えていきます。目指すのは昼夜を問わず無症状で、学校やスポーツを含めて日常生活を支障なく過ごすことです。当院では気道炎症のマーカーとなる呼気中一酸化窒素濃度測定器を導入し、気管支喘息の診断や長期管理に活用しています。この検査は小学生以上であれば自分で手で持って10秒くらいで簡単に計測できます。

食物アレルギー

現在、食物アレルギーは乳児で約10%、3歳児で約5%、学童以降で2%と非常に多くの子どもたちが抱えている問題です。また、これまでのアレルギー診療で行っていた指導内容がこの10年で大きく変化しており、大きな関心が注がれている領域です。原因となる食物は3歳くらいまででは鶏卵、牛乳、小麦が上位です。甲殻類は4歳以上、ソバは学童以上で頻度が増えていき、果物類が原因になることも多くなっています。病型もいくつかありますが、代表的なのはアレルゲン摂取後2時間以内にじんましんや"アナフィラキシー"という重篤な全身性の過敏反応を起こす即時型反応と食物アレルギーが関与する乳児アトピー性皮膚炎です。また、特殊なタイプでは"食物依存性運動誘発アナフィラキシー"といって、原因アレルゲンを食べた後の運動で誘発されるものや、"口腔アレルギー症候群"といって、花粉やラテックスに感作されているひとが、果物や野菜など特定の食物を食べた後に生じるものなどがあります。
以前は食物アレルギー発症予防のため、妊娠中や乳児期にはアレルゲンになりやすい食物を避けるという戦略がとられ、2000年に米国小児科学会は離乳食開始時期を遅らせたり、乳製品、卵製品、魚、ナッツ類の摂取開始時期を遅らせることを推奨しました。しかしながら、その後の世界各国で行われた研究では妊娠中のお母さんの食事制限や離乳食開始時期の延期、アレルゲンになりやすい食物の除去がアトピー性疾患の予防効果がないと判断され、2008年には米国小児科学会はその2000年の指針を改めました。また、同じ年には英国の研究チームがピーナッツアレルギーについて画期的な報告を行いました。同じ祖先をもつ英国在住のユダヤ人とイスラエル在住のユダヤ人では英国在住のユダヤ人のほうがピーナッツアレルギーの頻度が10倍高いというもので、この大きな差は離乳食期にピーナッツを多く食べる習慣があるイスラエルとほとんど食べない英国というものが要因であることが分かりました。彼らのその後の調査でもピーナッツを早期に食べ始め、継続することがピーナッツアレルギーの発症を有意に防ぐことができることが確認されました。また、最近日本で出された"鶏卵アレルギーの発症予防に関する提言"では、アトピー性皮膚炎を持つ早期乳児に関しては、皮膚状態を適切な外用療法で寛解(湿疹が無い状態)させたうえで、医師の管理のもとで生後6か月から鶏卵の微量摂取を開始することが推奨されています。アトピー性皮膚炎と診断されていない乳児について同じことが言えるわけではないですし、他の食物に関しても早期に摂取を始めることが妥当なのかの研究報告はありませんが、少なくとも離乳食開始時期を特に理由なく遅らせる必要はなく、正確な食物アレルギーの診断を行い、最低限の原因食品の除去と原因食品以外の食品を工夫して摂取することが大切です。

アレルギー性鼻炎(花粉やダニ抗原など)

こどものアレルギー性鼻炎は年々増加していると言われています。アレルギー性鼻炎はダニやハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎とスギ花粉に代表される季節性アレルギー性鼻炎に分けられます。目や鼻などのつらい症状は勉強や運動に悪影響を及ぼしかねないため、疑わしい場合はアレルギー検査をお勧めします。診断された場合、抗原をできる限り回避したり症状を緩和する薬物治療(抗ヒスタミン薬やロイコトリエン受容体拮抗薬、ステロイド噴霧薬)を行います。アレルギー性鼻炎はこれらの対策を長期間継続しなければなりませんが、現在スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎についてはアレルゲン舌下免疫療法が登場しています。長期にわたって正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたって症状をおさえる効果が期待できます。アレルゲン舌下免疫療法はスギ花粉症では5歳以上、ダニアレルギー性鼻炎では12歳以上の患者さんが治療を受けることができます。詳しくは当院へお問い合わせください。

乳児湿疹

乳児湿疹は色々な原因がありますが、頻度が多いのが生後間もない時期によく見られる脂漏性皮膚炎です。この時期は皮脂の分泌が生涯で最も盛んな時期で、過剰な皮脂が原因で湿疹を起こします。生後4,5か月くらいになってくると、むしろ皮脂の分泌は減ってきて皮脂欠乏性湿疹(いわゆる乾燥肌)の頻度が増えてきます。痒みを伴って掻きこわしてしまうと湿疹は悪化し感染症の原因にもなってしまいます。乳児湿疹にはスキンケアと保湿剤など適切な外用薬が必要です。スキンケアの目的は皮膚に付着したハウスダストなどのアレルゲンや皮膚に常在する黄色ぶどう球菌、汗など痒みや湿疹の悪化因子を洗い流し、保湿剤やステロイド外用薬の効果を高め、皮膚の良い状態を維持することです。無添加石けんを泡立てネットを用いてよく泡立てて皮膚につけて手で優しく洗ってあげましょう。スポンジやガーゼを使ってこすると敏感な皮膚をさらに傷つけてしまう可能性があるからです。脂漏性皮膚炎で厚いかさぶたになっている部分は無理にははがさず、洗う前にワセリンやオリーブオイルを塗っておいてふやかしたあとに洗い流してください。良く洗い流した後は、清潔なタオルやガーゼでこすらずに軽く押さえて水分を吸い取るようにしてください。その後、できるだけ早く保湿剤などの外用薬を塗りましょう。湿疹がひどいときには朝夕1日に2回スキンケアを行うと効果的です。

こどもの視力

乳幼児期の眼の病気の代表は斜視と弱視です。斜視に関しては、黒目の位置がおかしいなど、見た目の異常で気づかれることが多いのですが、弱視は見た目ではわからないので気づかれないままになってしまう危険があります。弱視とは、視力の発達期(生後1か月から始まり、8歳くらいまで)に視覚刺激が遮断、もしくは両眼に同様な画像が投影されないために視力の発達が止まったり、遅れたりして生じる視力低下のことを言います。6歳以下の小児の1~6%が弱視や弱視の危険因子(斜視や不同視、白内障など)を有していると言われています。その他にも危険因子は早産、低出生体重児、一親等内に弱視を認めること、妊娠中の母体喫煙、発達遅滞などがあります。弱視はこどもたちの将来に大きな影響を与える可能性があり、3~5歳で治療を開始したほうが治療に対する反応が良いことから弱視治療は5歳(できれば3歳)までの幼児期に治療を開始することが望ましいとされています。しかしながら、幼児は視力が0.2あれば不自由なく行動することができ、片眼の視力が良ければ実際には生活に支障は生じませんので発見が遅れがちになります。もちろん、日本では乳幼児健診(特に3歳児健診が大切です)で視覚スクリーニングが実施されますが、こどもたちの視力検査を正確に行うのは家庭でも病院でも難しいことが多いのが実状で、日本小児眼科学会は従来の健診時の視力検査に加えてフォトスクリーナー等を用いた屈折検査を推奨しています。さらに、米国の小児科学会、小児眼科学会はより早期のスクリーニングのため生後6か月からフォトスクリーナー等を用いた検査を推奨しています。このような背景から、当院では全ての年齢の健診時にフォトスクリーナーを用いています。検査は非常に簡便で、カメラで写真を撮るような感覚で行います。検査時間もほんの一瞬(約1秒で)、高いスクリーニング成功率(97%)と言われています。スクリーニング検査は確定診断を行うわけではありませんので、検査結果次第で眼科専門医の先生に精密検査をお願いすることになります。当院で導入しているフォトスクリーナーについての詳細はこちらをご覧ください。
http://welchallyn.jp/visionscreener/

いわゆる"風邪"と抗生剤

今、抗生剤の適正使用が強く求められています。これまでに行われてきた不適正な抗生剤使用がもたらした有害な結果が、薬剤耐性菌とそれによる感染症の増加です。それとは逆に1980年代以降、新しい抗生剤の開発は減少しています。このことから、2050年には全世界で年間1,000万人が薬剤耐性菌による感染症で死亡すると推定されています。テレビ報道で薬剤耐性菌に関連するニュースを見る機会が増えていますし、この問題は今すぐ対応していかなければならない問題です。
日本では抗生剤の9割以上が飲み薬(主に外来診療において処方されます)として処方されていることから、適正使用によって患者さんに悪影響を及ぼすことなく、安全に一定の割合減らすことが国の目標として掲げられています。不適正な抗生剤使用は主に、いわゆる"風邪"や"お腹の風邪"に対して行われてきました。しかしながら、これらの原因は9割以上でウィルス感染が原因であり、抗生剤は効果が期待できません。むしろ下痢や発疹などの有害な影響が2倍以上増えることが分かっています。いわゆる"風邪"と呼ばれることが多い急性気道感染症の場合、熱やのどの痛み、咳、鼻水などの症状は2,3日でピークを迎え、7~10日くらいで治まるのが自然経過です。この間、身体は免疫を発動させ病原体と戦います。必要に応じて解熱剤や去痰剤などを用いて経過を見ることで治っていきます。もちろん、幼児期以降の咽頭炎の原因として知られている溶連菌感染が疑われたり、風邪の後に細菌による肺炎や副鼻腔炎などを起こす場合もありますので、状況に合わせて必要な検査を行ったり、後日の再受診をして頂き、抗生剤が必要な状態なのかを改めて判断することが大切です。現在、"抗菌薬の延期処方"というやり方が注目されており、初診のときに抗生剤の必要性が明らかではない場合、その後に再受診していただいて抗生剤の必要性を再評価するというものです。経験のある小児科医でも、1回の診察で全てを適切に判断することが難しいことはよくあり、後のフォローまで丁寧に行うことで安心・安全な治療が可能になると思います。

こどもの急性下痢症、胃腸炎

いわゆる"お腹の風邪"と呼ばれることが多い急性下痢症、胃腸炎についても急性気道感染症と同様で、大部分がノロウィルスやロタウィルスなどのウィルス感染症で抗生剤は効果が期待できません。一般的には1,2日続く吐き気や嘔吐で始まり、2、3日続く下痢になっていきます。下痢は長い場合には10日くらいは続くこともよくあります。基本は脱水にならないように糖分や電解質を含む水分(ORS:経口補水液)を少しずつ(ティースプーン1杯から)、こまめに(15~20分ごと)摂らせて、吐かないのであれば1回の量を増やしていくやり方をお勧めします。科学的な根拠は乏しいのですが、吐き気が強い場合には吐き気止めを、腸内環境を整えるという目的で整腸剤を使用することがあります。血性の下痢があるような場合にはサルモネラやキャンピロバクターといった細菌性腸炎の可能性も出てきますが、激しい腹痛や高熱がない場合には抗生剤を使わなくても自然に良くなっていくことが多いです。
上のようなやり方で水分を飲ませても繰り返し吐いてしまう場合や、不機嫌、ぐったりしている、半日以上おしっこがでない、普段と様子が違う、などがみられる場合には受診することが必要です。また、血性の下痢が続いたり、高熱や激しい腹痛がある場合には細菌による腸炎や虫垂炎の可能性もあるため再受診し検査など行う必要があります。また、特に乳児期に下痢が2週間以上にわたって続く場合、腸炎後症候群と呼ばれる感染性腸炎の後に乳糖などの糖類を分解する酵素活性が一時的に低下してしまうために起きる病態のことが多いのですが、中には消化管アレルギー(多くが牛由来ミルクが原因)が関与していることもあるので、慎重な対応が必要です。

こどもの長引く咳

長引く咳とは一般的に3~8週間続く遷延性と8週間続く慢性に分かれます。普通感冒(いわゆる風邪で、その多くがウィルス感染です)やマイコプラズマ、百日咳などによる急性呼吸器感染症の後に咳が続くものを感染後咳嗽といいますが、その大部分は1~3週間で治まり特別な治療は必要ないことが多いと言われています。3週間以上続く遷延性咳嗽の一部にはマイコプラズマ、百日咳やウィルスが関与していることもあるため、診断のための検査を行う場合もあります。この場合でも8週間以上続く慢性咳嗽の原因となることはまれです。こどもの慢性咳嗽は幅広い年齢層で見られる原因(後鼻漏症候群、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、受動喫煙など)と年齢層に特徴的な原因(例えば乳児期は気道軟化症や胃食道逆流による誤嚥など、幼児期は気道異物や遷延性細菌性気管支炎など)があります。十分な問診と必要な検査を行って適切に対処することが必要です。

こどもの後鼻漏

後鼻漏という言葉はあまり聞きなれないかもしれません。簡単に言うと、鼻水がのどの奥に垂れ込んでしまうことで、痰が絡んだような咳や喘鳴、呼吸困難感といった症状を引き起こします。乳幼児期の後鼻漏はほとんどがいわゆる"風邪"と呼ばれる上気道感染症の後に起きて、長引いたり繰り返したりします。特に、寝ているときに鼻水がのどに垂れ込んでしまって突然のせき込みで起きてしまったり、睡眠を邪魔してしまうことがよくあるのであなどれません。さらに、鼻水、鼻詰まりは中耳炎の原因にもなりえます。乳幼児の後鼻漏は鼻水をよく吸ってあげることが効果的です。自宅では手動、あるいは電動の吸引器を使用したり、"こより"で優しく鼻をくすぐってあげるとくしゃみが誘発されて、意外と奥の鼻水が出てきてすっきりします。当院では吸引器もございますので、鼻吸い処置(鼻腔吸引)をご希望の場合、ぜひご相談ください。幼児期後半や学童期以降は、後鼻漏の原因として副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が多くなってきます。アレルギー性鼻炎の場合は鼻すすりや咳払いが特徴的で、必要に応じて原因となる抗原(アレルゲン)検査を行い、ステロイド点鼻や抗アレルギー薬を用いて治療します。