インフルエンザ患者さんが増えています。

 新学期が始まり、インフルエンザの患者さんが増えてきているようです。

当院では従来の簡易検査キット(発熱後12時間程度が最適な検査のタイミング)に加え、新しい検査機器(発熱後6時間以内でも84.6%の感度)での迅速検査が可能です。

インフルエンザは普通の“かぜ”とは異なり、突然の38℃以上の高熱や、関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴で、潜伏期間は1~3日と言われています。インフルエンザワクチンの予防効果も小児ではそれほど高くありませんのでワクチン接種済みでも注意が必要です。さらに、ワクチン接種している場合、症状が軽くなることもあるため、疑わしい症状がある場合には受診するようにしてください。