10月からロタウィルスワクチンが定期接種(無料)になります

 

 

令和2年8月1日以降に出生したお子さんは10月接種分からロタウイルスワクチンが定期接種(無料)になります。

 

ロタウイルス胃腸炎とは

 

乳幼児におこる感染性胃腸炎の一種で、ロタウイルスが原因です。生後3か月以降に初めて感染すると重症化しやすく、嘔吐や激しい水様性下痢が出て発熱を伴うこともあります。症状が重く脱水が強い場合は入院が必要になることもあります。脳炎・脳症を合併した場合、痙攣も難治性で4割近くが後遺症を残し予後不良と言われています。

 

接種対象者

 

令和2年8月1日(土)以降生まれのお子さんが、令和2年10月1日(木)以降に接種する場合は定期接種(無料)となります。
注:生後6週を迎えていても、9月12日から9月30日までに接種すると、任意接種(自費)となります。
9月30日以前に、すでに任意接種(自費)として接種している場合は、残りの回数を定期接種として無料で接種できます。

 

※ワクチンは2種類ありますが、予防効果や安全性に差はなく、ロタウイルス胃腸炎の発症を7~8割減らし、入院するような重症化については、ほとんどが予防できます。なお、原則として途中で種類を変更することはできません。

 

接種期間と回数はワクチンごとに以下のとおりです。

【ロタリックス】(経口弱毒性生ヒトロタウイルスワクチン 1価)
  対象年齢 : 生後6週から24週まで 2回 経口接種

 

【ロタテック】(5価経口弱毒性生ロタウイルスワクチン)
  対象年齢 : 生後6週から32週まで 3回 経口接種

 

どちらのワクチンを接種するか事前に決めておいて頂くと来院後がスムーズです。 

詳しくはこちらもご参照ください。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou03/rota_index.html

 

  • なお、接種後に吐き出した場合でも再接種は行いません。少量でも飲み込んでいれば一定の効果があることや、ロタウイルスワクチンは複数回接種することとなっており、一連の接種で効果が期待できることなどから、吐きだした場合でも1回の接種と考えてください。
  • 他のワクチン(B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合など)と同時接種可能です。
  • 翌日から他のワクチンを接種することも可能です。


注:ロタウイルスワクチンの
初回接種は生後14週6日までに行います。これは、最も注意すべき副反応である腸重積症の発症を最小限にするためです。腸重積症とは、腸の一部が隣接する腸にはまりこみ、腸閉塞状態となってしまう病気です。ワクチン接種の有無にかかわらずおこる病気で、0歳児は3~4か月齢くらいから月齢が上がるにつれて多くなります。そのため、早めにワクチン接種を開始し完了させることが重要です。もし腸重積症を発症したとしても、早く治療すれば、ほとんどの場合、手術せずに治療できます。