手足口病、ヘルパンギーナが流行しています

都内で夏風邪(手足口病、ヘルパンギーナ)の流行が続いています。

 

手足口病の症状は口の中の粘膜や手のひらや甲、足の裏や甲、さらにお尻や肛門の周りなどにも水疱性の発疹が現れて、1〜3日間程度発熱することがあります。口の中の水疱が破けるといわゆる口内炎となり、痛みを伴い、よだれ増えたり食欲が低下したりします。酸っぱい食べ物や硬い食べ物は口の中の痛みを悪化させるので、軟らかい、のどごしの良い食べ物を食べるようにしましょう。痛みや熱に対しては解熱鎮痛剤などを適切に使用して、脱水にならないようにこまめに水分を取るようにしましょう。

 

潜伏期は3~6日です。水疱が感染の原因となることはありませんが、ウィルスは消化管で増殖するため、くしゃみや咳から感染(飛沫感染)するだけでなく、場合によっては数週間にわたり便からも排泄が続くことがあるので、特におむつ替えの後などはしっかりと手洗いをすることやタオルやハンカチを共有することは避けるようにしましょう。時には大人にも感染し、強い喉の痛みを引き起こすため大人であっても注意が必要です。

症状が出始めたら早めに受診するようにしてください。